マレーシアのインターナショナルスクール|英語力ゼロからでも通える?

教育移住でも人気のマレーシア。

移住に向け準備してきた方もいれば、準備期間もないまま移住する方もいるのではないでしょうか?

オピアくん
多民族のマレーシアで暮らすなら、インターナショナルスクールも気になる。でも、子どもは英語を話せない・・・。

私には、現在インターナショナルスクールに通う二人の子供がいます。急な移住だったこともあり、当初は英語力ゼロの状態でした。

今回は、英語力ゼロからでもインターナショナルスクールに通えるのか解説していきます。

我が子やお友達の実体験を元に、学校でのサポートから家庭でできることまで、ご紹介!

リンク先

英語が話せなくても通える、インター校

  • そもそも入学できるのか
  • 受け入れ可能な学校の探し方
  • 実際に見学してみよう

そもそも入学できる?

結論から言うと、入学できます。

ただ、どの学校でも受け入れてくれる訳ではありません。

実際私が見学に行った学校の中にも、英語が話せないと断られる所もありました。

インター校は語学学校ではなく「英語で」学ぶ場なので、ある意味当然かと思います。

年齢が低いほど(未就学〜小学校低学年)受け入れてくれる学校も多く、お子さんも環境に馴染みやすい印象です。小学校高学年になると授業の内容も難しくなるため、英語力ゼロでの入学は厳しいのが現実です。

学校の探し方

英語力ゼロで受け入れてくれる学校は、限られてはいるものの、クアラルンプール近郊の選択肢は多いです。

積極的に受け入れている学校は、日本人向けのサイトなどでも取り上げられているため、見つけやすいです。また、インター視察ツアーを利用すれば、2・3校まとめて見学することもできます。

あまり宣伝していない学校や、数年前までは英語が話せないと断られていた学校が、現在は方針を変えて受け入れている場合もあります

学費や所在地の兼ね合いもあるので、SNSや英語での情報などいろいろな方法で調べて、気になったら問い合わせてみましょう。

実際に見学してみよう

候補の学校が決まったら、予約をして実際に見学してみましょう。視察ツアーでは予約や移動もお任せできるため、手間を省きたい方にはおすすめです。

問い合わせた際には「英語が話せなくても大丈夫」と聞いていたけれど、実際見学に行くと、サポート体制が整っていない場合も。見学ポイントや質問を事前にまとめて、しっかりと確認しましょう。

実際に学生や先生、学校全体の雰囲気を体感できるので、お子さんもイメージがしやすいと思います。

また、実際に通うのはお子さんなので「通いたいと思えるか」本人の意思を尊重することも大切です

学校ではどんなサポートがある?

  • 補習クラス(EAL、ESL)について
  • EAL、ESLの学費や内容

補習クラス(EAL、ESL)について

英語が話せないお子さんの場合、インター入学後は英語の補習クラス(EAL、ESL)の対象になることがほとんどです。

EAL(English as a Additional Languageの略)、ESL(English as a Second Languageの略)は学校により呼び方が異なりますが、同じ意味で使われています。

入試や面接の様子から、サポートが必要かどうかを学校側が判断します。

EAL、ESLの費用や内容

EALの授業料は、インターの学費とは別に追加料金の場合もあれば、学費に含まれている場合もあります。学校により異なるので、事前に確認が必要です。

EALの形態も様々で、時間割に組み込まれている場合、対象の生徒のみ別室で授業を受けます。

一般のクラスとは別にEALクラスが設けられている場合、EAL以外の授業も同じメンバーで受けます。そのため、クラスに日本人が多い場合は、つい日本語でコミュニケーションを取ってしまい、英語が上達しないこともある様です。

内容は、少人数なのでお子さんのレベルに合わせて進めてくれます。我が子は入学当初、先生とマンツーマンで基礎的なフォニックス(発音)や簡単な単語からでした。

子どもが楽しみながら学べる様、パソコンゲームを取り入れたり、先生方もフレンドリーでとても楽しんでいる様でした。

英語力アップのために家庭でできること

  • 英語に触れる時間を増やす
  • 他の子と比べない

英語に触れる時間を増やす

塾や語学学校、オンライン英会話などのサービスも色々とありますが、今回は家庭で今すぐできる方法をご紹介。

それは、英語に触れる時間を増やすことです。

①英語の映画、動画を見る

年齢によっては映画は難しいかと思いますが、アニメや海外のキッズYouTube動画など、お子さんの興味があるものだと取り入れやすいです。

②タブレットやゲームの表示を英語にする

我が子はゲームが好きなので、画面の表示を英語にすることで慣れていったように感じます。私自身も英語があまり得意ではないので、マレーシアに来てすぐスマホの表示を英語にしました。

③家族の会話を英語にする

家族の会話を英語で徹底されている場合は、やはりお子さんも英語の上達が早い様に感じます。

時間を決める、思い立った時に英語でコミュニケーションしてみるなど、それぞれのご家庭のペースで、楽しみながらやるのがおすすめです。

他の子供と比べて焦らない

「入学したのは良いものの、周りと比べると英語力が伸びない・・・。」私も一時期とても焦ったことがあります。

勉強についていけるのか?本当に英語が身につくのか?親としては、心配になりますよね。だからといって焦ったり、ご自身やお子さんを否定しないでください。

英語はあくまでコミュニケーションの「手段」です。

英語の勉強を続けながら、表情やジェスチャーなども使って「伝えようとする」ことが大切。

マレーシアは多国籍な人々が暮らすため、英語が未熟でも気軽にやりとりできるのも魅力の1つではないでしょうか。

まとめ

今回は、英語力ゼロからマレーシアのインターナショナルスクールに通えるのかを解説していきました。

もしも、選んだ学校がお子さんに合わななかったとしても、マレーシアには多種多様なインターナショナルスクールがあります。

よりその子に合った学校に転校する事も多いですし、日本人学校やホームスクーリーングなど、教育の選択肢が多く、自分で選べることもマレーシアの魅力です。

お子さん、ご家族で相談しながら、しっくりくる選択肢を見つけていきましょう。

マレーシアのインターナショナルスクール 見学する上で確認すべき3つのポイント

マレーシアのインターナショナルスクール|見学する上で確認すべき3つのポイント

アイキャッチ_マレーシアのインターナショナルスクールの探し方・決め方

5分でわかる!マレーシアのインターナショナルスクールの探し方・決め方

いつでも話せるパートナーが見つかる
「オピエミインタビュー」

マレーシア移住の準備から
移住後の生活までマレーシア移住者が体験談を元にリアルなお話しします。
マレーシアはいいところばかりではありません。
メリット、デメリットもお伝えします。


「マレーシア生活でよくあるお悩み」
・英語が苦手だから心配が多い。。
・行政の手続き失敗したくないな。。
・知り合いがほしい、美味しいお店も知りたい。。
・住まいのトラブルどうすればいいのかな。。

などなど、

\そんなお悩みを解決/

知りたいことを直接聞けるので
不安や疑問も払拭することが可能です!

マレーシア現地で豊富な経験と人脈を有する専門家たちが
あなたのマレーシア生活をサポートをします!

特徴
1、顔が見えるから安心
2、1時間、あなたのために共同作業
3、プロフィールが見えるからあなたにあった専門家が見つかる


ご満足いただけなかった場合は、全額返還♪

オピエミインタビュー
https://opeeremigration.com/interview/